5分で分かる!女性の薄毛・抜け毛・眉毛~キレイのためのコラム~

冷え症がもたらす薄毛・抜け毛

1637cbb0de5d6430a13b850011e89dec_s

 

体は温かいのに手足だけ冷たい「末端冷え性」、お腹の内側が冷える「内臓型冷え症」など、「冷え」に悩まされる女性は多く、実に7割以上*の女性が冷え症の自覚があることが分かっています。(*SBIアラプロモ株式会社調べによる)

冷えを解消するための「冷え取り健康法」や、体を内側から温める作用のある「生姜」を取り入れるブームが巻き起こるなど、女性の冷え解消への関心度の高さがうかがえます。

そんな体の冷えは万病のもと。肌荒れ、生理痛、頭痛、倦怠感、不眠などを招くだけでなく、薄毛にも深く関わっているのです。

 

血行不良が招く女性の薄毛

日本人の平均体温(平熱)は36~37℃。これは体内の酵素や細胞の新陳代謝が活発になり、免疫力も高い状態を保つことができる温度とされています。この体温が1度下がるだけで体へ及ぼす悪影響は大きく、免疫力や代謝が低下し風邪を引きやすくなったりアレルギーを引き起こしやすくなったりします。

 

さらに血行不良を招くため、体の末端まで血液が届きにくくなり、必要な栄養分が隅々まで届かず不足してしまうことも。頭皮や髪の毛まで十分な栄養素が届かなくなることで、抜け毛、細毛、クセ毛などのトラブルが起こりやすくなり、結果、薄毛が進行してしまうのです。

 

冷え症解消に効果的な方法

体温を安定的に保ち血行を促進させるためには、生活習慣と食事の見直しから。

生活習慣

温めてほしい3つの「くび」

3つのくびとは、「首」「手首」「足首」のこと。これらは皮膚が薄く、動脈が近くにあることから冷えやすくなる部位です。この3カ所を温めることで全身の血流が良くなり、体を温かく保つことができます。

朝食をきちんととる

どれだけ体を温めるよう心がけていても、エネルギー不足になってしまえば意味がありません。エネルギーが足りなくなれば体は冷えきり、温かい飲み物を飲んでも温まらないほどになってしまいます。朝食はきちんととり、エネルギーで体温を保つようにしましょう。

食事

生姜

生姜は、言わずと知れた体を温める効能のある食材。末梢血管を広げ、血液を隅々まで行き渡らせる働きがあります。新陳代謝も良くするので、体を温めてポカポカさせてくれます。生姜以外にも香味野菜であるにんにく、しそ、ねぎなども同様の効果が期待できます。

調味料・ハーブ

調味料やハーブにも体を温める作用があります。シナモンには、毛細血管を収縮させて血行を促進する効果があったり、コショウには発汗作用や代謝アップの効能があったりします。比較的取り入れやすい味噌や塩にも、冷えを予防したり血行を促進したりする効果があります。

タンパク質

タンパク質は熱を生み出すとされている栄養素。私たちはタンパク質を体内で分解するために、胃をしっかりと動かします。そうすることで熱が発生し、体が温まるのです。タンパク質には冷えの解消だけでなく、健康な毛髪をつくるためにも必要なので、しっかりととるようにしましょう。

とはいえ、現代社会において、1日に必要な栄養分を食事だけで毎日補うのは難しいと思います。そんな方には、サプリメントという手があります。

 

東京国際クリニック/医科では、女性専用サプリメントOMIAS(オミアス)をおすすめしています。タンパク質を構成するアミノ酸をはじめ、新陳代謝を促すビタミンB群や亜鉛などのミネラル、その他にも鉄分が不足しがちな日本人女性に合わせ、吸収の良いヘム鉄を高配合したのをはじめ、日本人仕様の設計でバランスよく配合した美髪サプリメントです。まずはお気軽に医師にご相談ください。

03-5220-3377
「医療機関ホームページ ガイドライン」の対応について 03-5218-2202